体温上げれば、しみに効く

「がんばって飲んだり塗ったりしているのに、あんまり、しみに効かない」

そんな方は、もしや冷え性ではありませんか。

冷え性による血行不良が、効果にブレーキをかけている可能性があります。

血行不良は肌の新陳代謝を下げ、しみ排出の障害になりますから、何とか解決しましょう。

では、まず体温を上げましょうか。

体温を作っているところは、どこか分かりますか。

心臓?

脂肪?

答えは筋肉です。

筋肉が増えれば体温は上がります。

ちなみに男性に冷え性が少ないのは、女性より筋肉の量が多いからなんですね。

筋肉を増やすといえば筋トレ。

筋トレといえば、腕力アップ、腹筋くっきり、というイメージですが、実は腕とお腹は筋肉の量が少ないので別のところを鍛えましょう。

少ないところより、多いほうが効率が良いですからね。

量が多いのは足。

考えてみれば、足は体の約半分です。

ほかに多いのが背中。

この2つを鍛えましょう。

器具を使わないでできる方法を、次にご紹介いたします。

ご紹介するのは「アイソメトリック・トレーニング」

という方法です。

ざっくり言うと「鍛えたい部分の筋肉に、約10秒間、力をこめる」

というやり方です。

器具は不要ですし、いろいろな場所でできます。

ムキムキの筋肉を作るには不向きですが、冷え性対策には充分です。

あくまで目的はしみ対策の効果を上げることですからね。

そのやり方をここで全て説明するのは難しいので、ネットで検索してみてください。

足は「アイソメトリック 大腿」

、背中は「アイソメトリック 背筋」

という検索ワードで、いろいろ出てきます。

アイソメトリック・トレーニング以外にも、足を鍛える方法を紹介しましょう。

NHKの番組「ためしてガッテン」

のウェブサイトに、オススメのものが2つあります。

1つは2008年10月29日の放送の中で紹介された「スロースクワット」

もう1つは2014年09月17日の放送で紹介された、歩く筋トレです。

筋トレで冷え性が解消されれば、しみが改善され、体も健康になります。

ぜひやってみてください。

より効果的に悩みを解消するのにオススメのサイトを紹介しておきますね。

しみ・そばかすに効く薬のことならこのサイトがオススメです

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.